香水の選び方を知っておこう

香水を使って、香りのお洒落を楽しみたいと考えている方が増えています。
初めて香水を購入する時は、数多くの種類があるので迷ってしまうことが多いものです。
まずは、デート用や仕事用、プライベート用などに用途を絞って選ぶようにして下さい。
香水売り場に行くと、テスターがおいてあるので紙に吹きかけて香りを嗅いでみると、好きな香りをいくつか見つけることが出来ます。
あまり多くの種類を嗅いでしまうと、嗅覚が鈍くなってしまうので数種類だけ選ぶようにすると良いと思います。
香りは付けると、3段階に変化するので時間が経っても、自分の体臭としっくりと合う商品を選ぶと失敗が少ないです。
体に付けたときに、心地よい香りの商品とは相性が良いので、気に入った商品を見つけやすくなります。
女性の方だけでなく、男性の方も香りのお洒落を楽しんでいる方が増加しています。
素敵な香りの方はとても魅力的ですが、他人には強く感じる場合があるため、付ける量を気をつけましょう。

香水のつけ方について

日本人は体臭も少なく、毎日お風呂に入る習慣がある為に香水をつける習慣もなく体臭で悩む事はありませんが、実際につけようと思った際に非常に悩みます。体臭が少ない事を逆手にとって体につけるのではなく小物(ハンカチ)に振り掛けたりするとちょっとした仕草で香りが広がります。
体につける場合は香りが下から上に登る仕組みを利用し、下半身を重点的につけます。静脈が通って体温が他よりも少し高い膝の裏や足首などが最適で、手首につける事を推奨する話もありますが利き手は食べる時に料理の香りと混ざり合ってしまいますので利き手と逆の手首が良いです。他には耳の裏がよく首は香りが動いた際に邪魔になりますので避けるべきです。髪の毛につけるのも香りが広がって向いており、頭皮につかないように気をつけます。汗が出る箇所は汗と混ざると異臭になる可能性が高いので体臭が少なくても避けます。日に当たる箇所も成分が化学変化を起こし、肌に影響を与えますので決してつけてはいけません。性器や皮脂が多い箇所も同様の理由で避けるべきです。
小物につけると良いですが、洋服などはシミになる可能性も高いので、スカートのすそなどシミになっても目立たない箇所を選びます。
時と場所を選び、つける香りの種類にも気を配り良い香りだと思われる程度の量で抑えます。
マナーに反しないように注意し、香りの持続時間を考えてつけると料理を食べるタイミングやキスの瞬間に好きな香りで楽しめます。


check

医療脱毛
家族で群馬に引越しなら
ガス滅菌のことなら

2017/8/24 更新