個性にあった香水を使う

香水は大人のおしゃれの仕上げです。
人間の嗅覚は脳の最も原始的な部分に働きかけます。
ですから香りが相手に与える印象は見た目を忘れてしまってもずっと残っていくものです。
そのように相手に深い影響を与える香水だからこそ、真剣に選んで自分らしい香りを見つけたいものです。
香りの種類にはさまざまなものがありますが、大きく分けてフローラル系、シトラス系、グリーン系、ウォーター系などになります。
女性ならではの華やかさを演出できるフローラル系は季節を問わず使える香りです。
シトラス系は夏の暑い季節に爽やかな印象を与えいてくれますし、ウォーター系はユニセックスな印象でペア使いもできます。
こうした香水はつけてからの時間によってトップノート、ミドルノート、ベースノートと使っているうちに香りが変化してきますのですべての香りを確認した上で決めるのが良いでしょう。
良い香りはハッとする印象を与えていつまでも記憶に残る好感度を演出してくれます。